開発の上流工程を担う
JTISだから活きる
文系出身ならではの力。

エクスプレス本部 業務設計部

N.K.

2016年入社 / 人間科学部卒

JTISに入社を決めた理由を教えてください。

自分が携わったものが形として残るような仕事がしたいと思い、ものづくりの仕事を中心に就職活動をしていました。多くの会社を見る中で、日本の大動脈である東海道新幹線をシステム面から支えているJTISという会社に出会いました。JTISを志望した理由は、自分の携わったものが社会の役に立っていると実感しながら働くことができると思ったからです。私は文系出身ということもあり、最初はあまりSEという職種に馴染みがありませんでした。しかし現在は、読解力や伝達力など文系ならではの強みを活かせる場面が多くあるなと感じています。JTISはシステム開発の上流工程を担っており、お客様の要望を聞き取った上で提案したり、要件を正しく開発者に伝えたりすることが大きな役割であるために、読解力や伝達力は重要なスキルです。文系の学生の方も、JTISやIT業界、SEという仕事に少しでも興味があれば、是非インターンシップや説明会で話を聞いてみてください。

仕事内容を教えてください。

東海道山陽新幹線のネット予約サービスである「エクスプレス予約システム」の開発部署に所属しています。私が所属するグループでは、新幹線のきっぷを購入するために必要となる様々な機能(カード決済機能等)に関わるアプリケーション開発業務を担当しています。その中で私は、新しいサービスを提供する前に行う試験対応業務に携わっています。具体的には、カード決済機能等に改修があった際に、きっぷをネット予約して、正しく購入できるかどうかを、他社のクレジットカード会社システムと接続して確認しています。

入社してから思い出に残っている仕事のエピソードを教えてください。

カード決済機能等に改修があった際に、きっぷをネットで予約して正しく購入できるかを、他社のクレジットカード会社システムに接続して確認しました。試験実施までには、お客様やクレジットカード会社など、多岐にわたる関係者との調整作業を行います。関係者には鉄道従事者やIT技術者等がいるため、丁寧に説明したつもりでもなかなか意図した通りに伝わらないことがあり、難しさを感じました。しかし、無事に試験が完了して、新しいサービスが開始され、駅でお客様に利用していただけているのを見かけると、とても嬉しく感じました。

入社後、どのように情報知識を学んできたのか教えてください。

私は大学時代には臨床心理学を学んでいたため、入社当初はIT知識がほとんどなく、初めて聞く単語ばかりで毎日とても不安でした。しかし、入社後の3ヶ月間の新入社員研修を通じて、ITの基礎知識を身に付けることができました。新入社員研修では、初歩的な単語の意味といった基本的なことから、実機を使った実践的なことまで学ぶことができました。配属後は上司や先輩社員にサポートいただきながら経験を積み、業務知識を深めています。また、業務知識の他にも、情報処理技術者資格取得などを目指し、自己研鑽にも努めています。

自分の仕事が社会に影響を与えていると感じることを教えてください。

試験で不具合を見つけることによって、システム改修後の安定稼働を目指しています。ここで問題を見つけられないときっぷを購入できないといった障害に繋がり、社会に大きな影響を与えてしまう恐れがあるため、日々緊張感を持って仕事に取り組んでいます。システム改修後に無事にお客様がきっぷを購入されているのを見ると達成感を感じます。

一覧へ戻る