子供の頃から夢見ていた中央新幹線。 やりがいと共に感じる、責任と使命。

東京システム本部 開発部

依田 萌

2019年入社 / 理学研究科卒

JTISに入社を決めた理由を教えてください。

私は多くの人の役に立ちたいと考え、インフラ関係のユーザー系システム会社に絞って就職活動をしました。中でもJTISは、私の地元を通る初めての新幹線である中央新幹線のシステム開発を手掛けていることや、配属後の転勤がほとんどないことに魅力を感じました。入社の最大の決め手は、会社説明会で先輩社員が親身になって質問に答えてくださったことや、先輩方の柔和な雰囲気が印象に残ったことです。入社してからも、質問や相談に親身に答えてくださる先輩が多く、入社前にイメージしていた通りの会社でした。

仕事内容を教えてください。

私は所属する開発部の中で、中央新幹線の運行管理システムの開発を担当しています。中央新幹線の運行管理システムは、いくつかのシステムで構成されています。その中で、私は運行管理システムを構成する1つのサブシステムの開発に一担当者として携わっており、システム開発のスケジュールや作業方針、要件等の調整を行っています。また、協力会社と連携をしながら、協力会社の方が作成した設計書が要件の通りになっているかの確認も行っています。私はまだ経験が浅いので分からないこともありますが、上司の丁寧な指導を受けながら日々の業務に取り組んでいます。自ら作成した資料を基に顧客や協力会社と調整を行い、問題や課題が解決して、検討が前に進んだ時に大きなやりがいを感じます。

入社してから思い出に残っている仕事のエピソードを教えてください。

配属から3か月後に任せられた、初めての仕様調整が印象に残っています。顧客(JR東海担当者)と協力会社担当者の認識齟齬を解消するため、顧客が実現したいシステムの要件と、それを実現するための案や課題点を自ら資料にまとめ、会議で説明をしました。経験がほとんどない状態だったので、要件を実現する際の課題点の洗い出しには苦労しましたが、上司の指導を受けながら合意ができた時には配属時からの成長とやりがいを感じられました。

新入社員研修でどのようなことを学びましたか?

新入社員研修では、ビジネスマナーや情報技術の基礎はもちろんのこと、ICTメーカー視察やマシンラーニングの研修もあり、情報技術の最先端に触れることができました。私は学生時代の専攻が情報系ではなかったので、ネットワークについては特に苦労しましたが、実機を使用した実習を通して理解を深めることができました。一番印象に残っている研修は、新入社員研修の集大成として取り組んだ、マシンラーニングを活用したWEBアプリを作成するグループワークです。決められた時間内に成果物を作成しなければいけないので、同じグループのメンバーで作業を分担し、報告・連絡・相談を密に行うことを意識しました。また、互いの進捗を確認しながら作業を進めることでグループ全員が協力し、WEBアプリを作成することができました。配属後も2~3人で業務を行うので、グループワークで培った報告・連絡・相談の習慣は今でも活かされています。

自分の仕事が社会に影響を与えていると感じることを教えてください。

中央新幹線運行管理システムは指令員の業務を支え、中央新幹線を利用するお客様に安全・安定輸送と快適な旅行を提供するシステムです。子供の頃から夢見ていた中央新幹線に対して、運行管理システムの開発という立場で携わることができ、大きなやりがいを感じています。日本社会にも影響のある大きなプロジェクトであるため、責任感と使命感を持って業務に取り組んでいます。

一覧へ戻る