企画から保守まで。
社会への影響力の大きい仕事に
幅広く携われる面白さ。

名古屋業務システム本部 名古屋システム部

T.O.

2020年入社 / 理工学部卒

JTISに入社を決めた理由を教えてください。

決め手は2つありました。1つは、日本の大動脈を支えるJR東海の事業にITの面から携わることができるということです。これは他の企業にはないJTIS特有の魅力だと感じました。もう1つは就職活動における自分の軸に合っていると感じたからです。私は大学時代の経験が活かせるかどうかを軸としていました。大学時代はオペレーションズリサーチという数学を用いた社会問題の解決を仲間と話し合いながら行ってきました。JTISでも仲間と話し合いながら問題解決していくという点でこの経験を活かせると思いました。

仕事内容を教えてください。

線路の保守作業を支援する保線管理システムや、駅の改札口等の機械を管理する機械設備管理システムを担当しています。具体的な仕事としては、顧客の要望について詳細をヒアリングしたり、意見をまとめたりしています。大規模システムの企画から保守まで幅広い分野に携われることが、当社の仕事の面白い点だと感じています。

入社してから思い出に残っている仕事のエピソードを教えてください。

サーバの定期点検作業の判定会議が印象に残っています。判定会議とは、自分で作成した作業手順書について、プロジェクト責任者相手に作業内容の説明をして承認を頂く会議のことです。プロジェクト責任者に自分自身が中心となり直接説明するのは初めてだったため、非常に緊張しました。プロジェクト責任者からは使用実績はあるのか、動作確認の際の確認項目は足りているのかなどといった指摘を受けました。自分が手順書を作成する中で気付かなかった点に気付く貴重な機会となったとともに、安定稼働を意識した手順で作成することが大切だと感じました。

若手から活躍できる環境であると感じる部分を教えてください。

システムの保守作業に関して主担当で任せてもらえる機会が多いと感じています。私も入社2年目から、機械設備総合管理システムの保守作業を主担当で行っています。それまでは一度も取り扱わなかったシステムであったため、不安な気持ちでいっぱいでした。しかし周りの方の助けもありながら業務を遂行しています。重大な仕事を任されている分、同時に大きなやりがいも感じています。またシステムを稼働させるまでの計画を、どのようにすればよいかについて上司から意見を求められる機会もあり、積極的に自分の意見を述べることが重要だと思います。

自分の仕事が社会に影響を与えていると感じることを教えてください。

私が担当しているシステムは、列車の運行に大きな影響を与えます。お客様からの要望を確認し、システムを改修することもありますが、その際、1つの小さなミスが列車の運行に支障をきたす可能性もあります。自分自身の仕事が社会に影響を与えると感じるとともに、常に緊張感をもって仕事に取り組んでいます。

一覧へ戻る