東海道・山陽新幹線の安定稼働の 一翼を担う次期コムトラックの開発。

東京システム本部 コムトラック部

M.N.

2017年入社 / 情報科学研究科卒

JTISに入社を決めた理由を教えてください。

JTISへの入社の決め手は2点あります。1点目は、私の就職活動の軸と合致していたことです。就職活動の際に、私は2つの軸を決めて会社探しをしていました。1つ目の軸は人々の日常生活を支える仕事に携われるインフラ関係の会社であること、2つ目の軸はシステム設計の仕事ができることです。学生時代からプログラミングやアルゴリズムの勉強をしてきましたが、システムを設計することの面白さに惹かれていました。JTISはこの2つの軸に合致しており、入社をしたいと思うようになりました。2点目は、私が新幹線を好きだったことです。日本全国に路線網が広がり、そのほとんどが正確に運行し、多くの人々に利用されている点に魅力を感じました。入社後はコムトラック部に配属され、東海道・山陽新幹線の運転管理システムに携わっています。私は自分のやりたいことを明確にして入社したため、ミスマッチを起こすことなく仕事に取り組めています。

仕事内容を教えてください。

東海道・山陽新幹線の安全・安定輸送を担う、新幹線運転管理システム(通称「コムトラック」)の設計・保守を担当しています。具体的には、10世代目となる次期コムトラックの開発に携わっています。私は、新しいコムトラックをより良くするにはどのように設計したら良いのかを考えながら、日々仕事に取り組んでいます。また、現在のコムトラックに関わる機器の保守にも携わり、安定稼働の一翼を担っています。多くの人々が利用する東海道・山陽新幹線の運転管理システムであるため、緊張感をもって業務に取り組んでいます。日々押し寄せてくる業務に流されそうになることもしばしばですが、分からなかったことが分かるようになる瞬間が自分の成長を感じられてやりがいを感じます。

担当しているシステムの運用保守とは、どのようなことを行っているのですか?

運用保守では、コムトラックが安定して稼働できるような取り組みが日夜行われています。サーバをはじめとした機器類は使っているうちに故障して動かなくなってしまうことがあります。そのため、日々のメンテナンスが重要で、それを怠ってしまうとシステムが突然ダウンしてしまう可能性があります。最悪の場合は、新幹線が止まってしまい、お客様へ多大なる迷惑をお掛けしてしまう恐れがあります。そこで、JTISでは機器ごとに定期点検が行われているかを管理するとともに、点検に必要な手順書の整備も行い、コムトラックの安定稼働を支えています。しかし、適切に点検を行っていても突如機器が壊れてしまうこともあります。そのような際にもJTISが対応します。コムトラックの利用者は必ずしもシステムに慣れた方ではないため、故障した機器の状況を把握し、事象の切り分けを迅速に行い、故障対応の陣頭指揮を執りつつ関係各所との調整を進め、早期復旧に向けた取り組みも行っています。

新型コロナの影響でどのような働き方の変化がありましたか?

もともとテレワーク勤務実現に向けて準備はしていたのですが、新型コロナウイルスの影響により、テレワーク勤務実現が加速しました。テレワーク勤務をしやすくするため、制度改正や機材配布も行われ、今では多くの社員が在宅勤務を出来る環境になっています。コムトラック部では緊急事態宣言下での出社率を抑制するため交代制で出社するなどの感染防止策を行いつつ、テレワークやWEB会議を活用してコロナ禍においても、滞りなく業務を行っています。また、テレワーク勤務とフレックス勤務を組み合わせることで、柔軟な働き方が出来るようになりました。その結果、プライベートも充実するなど、効率的な働き方が出来るようになりました。

自分の仕事が社会に影響を与えていると感じることを教えてください。

入社した直後に配属となったグループでは、のぞみ12本ダイヤに向けたシステム改修に関わりました。これまでのダイヤにのぞみを2本増やす“だけ”のように見えますが、その裏では様々な観点から本数を増やしても問題ないか確認が行われており、私も発生した課題に対して1つずつ解決ができるよう取り組みました。その後、2020年3月のダイヤ改正よりのぞみ12本ダイヤはデビューしました。実際に運転された日にはニュースで取り上げられて達成感を感じました。

一覧へ戻る