ホーム社員インタビューエクスプレス本部運用部

新しいサービスが始まる瞬間を 自分の目で見届けることができ 達成感とやりがいを感じる エクスプレス本部運用部 榧森由珠(2017年入社)情報学部情報社会学科卒

JTISに入社を決めた理由は?

大学時代に情報分野を学んでいたこともあり、IT業界に興味を持ちました。その中で、鉄道系のシステム会社を選んだ理由は、多くのお客様の役に立ち、日頃よく利用する鉄道に関わる仕事に興味を持っていたからです。また、JTISでは選考過程で先輩社員と話す機会が多く、会社の雰囲気や自分が働くイメージを掴むことができたので、入社を決めました。
大学時代に情報分野を学んでいたものの、文系分野を中心に学んでいたため、入社当初は業務についていけるか不安でしたが、新入社員研修や先輩方のサポートが手厚く、問題なく業務を行えました。配属後は、情報処理技術だけでなく、様々な人と話す機会も多いのでコミュニケーション能力も必要だと感じ、文系理系関係なく活躍できると思いました。

現在担当している仕事は? 

エクスプレス予約システムの切替作業や保全作業を担当しています。切替作業では、新しいサービスを開始するためのプログラム投入などを行い、保全作業では、システムのメンテナンス作業を行っています。これら2つの作業は、システムが停止している夜間に行うことが多いです。新しいサービスが始まる瞬間を自分の目で見ることができるため、達成感を感じやりがいに繋がっています。また、エクスプレス予約・スマートEXの広告やTVCMを見たり、実際にお客様が利用しているところを見たりすると、多くのお客様に役立つ仕事に従事しているのだと実感でき、誇りに思います。

担当しているシステムの保守では、どのようなことを行っているのですか?

システムの切替作業に向けた事前準備と当日の切替作業を行っています。事前準備では、作業のスケジュールを作成します。作業を行う時間や手順を誤ると、サービス開始時刻になってもシステムが利用できなくなり、お客様にご迷惑をおかけする可能性があります。他部署やメーカーと確認しながら、1つ1つ慎重に作業のスケジュールを決定していきます。また、当日の切替作業では作業の統括を行います。自分の指示によって作業が行われるのですが、誤った指示を出してしまうと、作業ミスに繋がる可能性があります。そのため、緊張感を持って仕事に臨んでいます。

昨春実施した、エクスプレス予約システムの機器の老朽取替では、システムの切替当日に向けて何度もリハーサルを行い、改めて大きなシステムに携わっていることを実感しました。社会への影響力が大きいシステムに携わっていることを意識し、緊張感や責任感を持って、日々業務に取り組んでいます。

就活生への応援メッセージをお願いします

就職活動では、たくさんの出会いがあり、不安や焦りを感じることもあると思います。そんな時、自分が大切にする軸を持つようにしてみてください。軸があることによって、不安が和らぎ、進路に自信が持てるようになると思います。私の場合、”自分がその仕事に興味を持てるか”と”その会社で働くイメージができるか”を軸としていました。皆さんも何を大切にするか決め、自分に合った企業を見つけられることを願っています。

プライベート

週末や休みの日は、山や海など様々な場所へ出かけます。
自然が溢れた場所はリラックスできるのでおすすめです。

キャリアパス

  • 2017年4月

    入社、新入社員研修

  • 2017年7月

    エクスプレス本部 基盤設計部
    (バックアップ機能、監視機能の設計を担当)
    設計や試験だけでなく、障害発生時は原因調査にも取り組みました。苦労が多かったですが、システムの仕組みについて理解を深めることができました。

  • 2019年4月

    エクスプレス本部 運用部
    (システム切替、保全作業を担当)
    稼働しているシステムに直接影響が及ぶ作業が多いため、責任の重さをより感じるようになりました。

1日のスケジュール

  • 6:30

    起床

  • 8:40

    出社

  • 9:00

    朝礼

  • 9:15

    メールチェック

  • 9:30

    会議

  • 12:00

    昼休み

  • 13:00

    切替準備

  • 15:00

    保全作業

  • 18:30

    退社

  • 19:00

    帰宅

  • 20:00

    夕食

  • 21:00

    テレビなど

  • 24:00

    就寝