ホーム社員インタビュー東京システム本部東京システム部

仕事やプライベートで携わったシステムに触れ 責任感を感じると共に大きなやりがいを感じる 東京システム本部東京システム部日野祐紀(2012年入社)デザイン工学部システムデザイン学科卒

現在担当している仕事は?

東海道新幹線の駅案内や線路、車両などの状態を管理するシステムのひとつ、駅旅客情報処理装置(PIC)のプログラム改良を担当しており、設計や試験を行っています。駅旅客情報処理装置(PIC)は東海道新幹線の駅に設置されている発車標などの表示器や、ホーム・コンコースで流れている列車放送を扱うもので、新幹線を利用する多くのお客様へ円滑な列車案内を実現しています。 自身の携わったシステムに、仕事やプライベートで新幹線を利用する際に直接触れることができるため、責任感を感じると共に大きなやりがいを感じます。

システムの改修とはどのようなことを行うの?

担当しているシステムの改修では、初めに、顧客からの改修要望を基に、システム上での処理条件や各表示器の表示遷移図、放送の同時発生時の動作などを、通常時だけでなく異常時も考慮しながら具体的な要件に落とし込み、仕様を確定させます。次に、設計・製造を行いますが、この工程は協力会社が中心となります。JTISでは、処理や新規登録する項目に漏れがないかなどの確認を行い、品質向上に努めます。テスト工程では、協力会社の工場内試験の試験項目に過不足がないかの確認を行ったり、東海道新幹線各駅での現地試験に向けた準備を行ったりします。最後のシステム切替では、現地の作業責任者として作業指揮を執り、無事に切替できるよう業務を進めています。

就活生への応援メッセージをお願いします

「自身がその企業で働いている姿」をできるだけ具体的に想像してみてください。そのためには、少しでも興味のある企業に足を運ぶことが重要です。会社説明会だけでは想像することが難しい場合でも、インターンシップやOB・OG訪問など情報を得る機会は多くあるかと思います。自分に合った企業を見つけられるよう応援しています。

プライベート

基本的には自宅でゆっくり過ごすことが多いですが、不定期で友人と京都へ出かけて寺社巡りをしたり、大自然に囲まれた環境で散策やBBQをしたりして癒されています。
また、会社の先輩後輩と食事に行くことも多いです。

キャリアパス

  • 2012年4月

    入社、新入社員研修

  • 2012年7月

    東京システム本部 東京システム部
    (事故防止指導支援システム、グループ会社の販売系システムを担当)
    問合せ対応や稼働状況の月次報告、システム改修提案など幅広く多くの業務を主担当として携わりました。現在の業務でもこの経験がとても活かされています。

  • 2015年7月

    組織改正により名古屋システム本部 グループ会社システム部(東京勤務)へ異動
    (引き続き、グループ会社の販売系システムを担当)
    他システムとの連携部分に問題が発生したときは、問題発生箇所や影響範囲の切り分けが困難となる場合があるため、仕様書やログから状況を的確に把握できるよう予め備えておくことの大切さを学びました。

  • 2017年4月

    東京システム本部 東京システム部へ異動
    (新幹線旅客案内装置、駅旅客情報処理装置を担当)
    システムの開発当初から携わることができたため、1からシステム化するといった貴重な経験ができました。新幹線を利用する方々に列車情報を提供する非常に重要なシステムであるため、改めて各工程の大切さを意識して業務に取り組んでいます。

1日のスケジュール

  • 8:30

    起床

  • 10:30

    出社

  • 10:40

    メールの確認

  • 11:00

    設計書修正/確認

  • 12:00

    グループメンバーと東京駅周辺のお店で昼食

  • 13:00

    移動(東京⇒名古屋)

  • 15:00

    名古屋の顧客と打合せ

  • 16:30

    移動(名古屋⇒東京)

  • 18:30

    打合せ結果を資料に反映

  • 19:30

    退社

  • 20:30

    後輩と夕食

  • 22:30

    帰宅

  • 24:00

    就寝