ホーム社員インタビュー名古屋基幹システム本部旅客営業システム部

担当システムのスペシャリストとなりあらゆるシステム開発を主導できる人材となりたい 名古屋基幹システム本部旅客営業システム部 髙橋暖(2017年入社) 生産工学研究科数理情報工学専攻修了

JTISに入社を決めた理由は?

大学で情報系の学科に所属していたこともあり、IT関係の職業に興味を持ち、SEを目指しました。
システムと言っても、様々な種類がありますが、私は「規模が大きく社会との関わりが深いシステム」に携わりたかったので、インフラ関係のシステム会社に興味を持ちました。JTISを選んだのは、プロジェクトに携わる際、システムとユーザ、両方に近い位置で仕事をすることができると思ったからです。また鉄道のシステム開発に携わることで、普段では経験できないことが経験できる点も魅力だと感じました。
実際、システム稼働に必要なデータを取得するために多くの在来線に乗車したり、ユーザへヒアリングを行うために運輸区などにも訪問したり、様々なことを経験しました。また、周りの同期や先輩社員は明るい人が多く、とても雰囲気がいいと感じています。

現在担当している仕事は?

主に、在来線運転士の業務をタブレット端末で支援する「在来線運転士用タブレット」の改修案件を担当しています。

具体的な作業としては、情報端末アプリのバージョンアップやマスタデータの更新を担当し、お客さまへの作業依頼や実績報告、状況確認などを行っています。アプリのバージョンアップやマスタデータの更新を実施すると、端末の表示画面や動作が変わり、自分が実施した作業をその場で確かめることができます。さらに、列車内で運転士がタブレットを使用している場面を見ると、自分の担当したシステムが業務の手助けをしていることが体感できやりがいを感じます。

今後の目標を教えてください

旅客関連システムのスペシャリストとなり、あらゆるシステム開発を主導できる人材となりたいです。

鉄道インフラを支えるSEには、鉄道設備などに関する様々な知識が求められます。これらを修得し、すべての旅客関連システム間のデータの流れについて把握できるようになりたいです。

就活生への応援メッセージをお願いします

様々な企業があると思いますが、まずは業務内容に少しでも興味があることが大切だと思います。興味があるだけで仕事の関心ややりがいの度合いが変わってくると思います。そのため、自分が好きなことや興味があることに関連した企業や職種を選ぶことが第一だと思います。みなさんの就活がより良いものになるよう応援しています。

プライベート

休日はリフレッシュのために、出かけることが多いです。

地元に帰って友人と遊んだり、大好きな海を見に行ったりしています。

キャリアパス

  • 2017年4月

    入社、新入社員研修

  • 2017年7月

    名古屋基幹システム本部 旅客営業システム部
    (改札情報サーバを担当)
    各システム間でやり取りされているデータやユーザやお客さまが必要としている機能やデータなどのシステム開発に要求される知識を習得しました。

  • 2018年10月

    名古屋基幹システム本部 旅客営業システム部
    (在来線運転士用タブレットを担当)
    タブレットというユーザが直接手に触れるシステムの開発では、操作画面や表示内容というお客さまが直接ご覧になる部分の要件を整理することで、これまでと違ったシステム開発の視点を持つことができています。

1日のスケジュール

  • 7:45

    起床

  • 8:50

    出社

  • 9:00

    朝礼

  • 9:10

    メールチェック

  • 9:30

    運用作業資料作成

  • 10:30

    ベンダーの設計書レビュー

  • 12:00

    昼休み

  • 13:00

    ユーザとの打ち合わせ資料作成

  • 15:30

    グループミーティング

  • 16:00

    タブレットへの配信、更新の作業

  • 18:30

    退社

  • 18:45

    帰宅

  • 19:30

    夕食

  • 20:30

    TV・動画鑑賞、ゲーム

  • 24:00

    就寝