ホーム社員インタビュー東京システム本部コムトラック部

多くの人に利用されるシステムに携わることができ目に見えて仕事の成果がわかる 東京システム本部コムトラック部 嶋田和馬(2014年入社) 工学研究科経営工学専攻専攻

現在担当している仕事は?

東海道・山陽新幹線の安全・安定輸送を担う、新幹線運転管理システム(通称「コムトラック」)の運用を担当しています。具体的にはコムトラックの監視(24時間365日)、システム障害対応、ユーザからの問い合わせ対応、機器室の入退出及び作業管理、夜間のシステム保全・更新に伴うシステム停止・立上作業を行っています。
以前の開発業務で培った経験を活かし、異常時に適切な対応を行い、自身の力で早期復旧などができた際にやりがいを感じます。

コムトラックの運用はどのようなことを行っているのですか?

基本的に2人体制で交代しながら、コムトラックを24時間365日異常が発生していないか監視を行っています。定期的に機器の稼働状態、機器の接続状態、データ格納状況などの確認を行い、JR東海へ報告します。データや処理の不良、機器の停止や故障などの異常を知得した際は速やかに状況を確認し、総合指令所や協力会社など関係箇所へ連絡を行います。新幹線の運行に支障するケースも想定されるため、早い段階での知得、迅速な対応が求められます。また、コムトラックシステムが稼働している機器室への入退出及び作業管理、作業に伴うシステム停止・立上操作も行ってます。

今後の目標を教えてください

コムトラックに関する様々な知識を習得し、今後行われる施策の推進力として力を発揮したいです。

新幹線の利便性を向上するため、コムトラックのシステム改修は今後も繰り返されていくと思います。コムトラックは何十年にもわたり様々な改良を加えられ構築されているシステムであり、その論理も複雑です。システムを見直すためには、様々な知見を結集する必要があります。今後の施策に真摯に取り組み、貪欲に知識を吸収していきたいです。

就活生への応援メッセージをお願いします

最初から特定の業種に絞らず、まずは合同企業説明会などで様々な業種を見て回ることをお勧めします。様々な気づきや知見が得られ、企業選び、その後の面接や実際の仕事で必ず自分の糧となります。また、企業からの説明をただ漠然と聞いただけでは企業の上辺しか知ることができません。先輩社員と会話できる機会などを活用し、興味を持った企業に関しては積極的に情報収集を行って下さい。入社を決めた企業とのミスマッチを起こさず、楽しく仕事ができることを祈っています。

プライベート

インドアな趣味が多いですが、たまに友人とライブなどのイベントに足を運びます。

同期との旅行や飲み会も定期的に行っています。

キャリアパス

  • 2014年4月

    入社、新入社員研修

  • 2014年7月

    東京システム本部コムトラック部(コムトラックシステム進路制御系開発業務を担当)
    配属当初は作業に必要な書類作成から携わりました。その後、契約作業、他社との調整事、プログラム試験、システム投入などの開発業務を経験しました。

  • 2019年6月

    東京システム本部コムトラック部(コムトラックシステム運用業務を担当)
    これまでは開発業務に従事していましたが、現在は運用業務に携わっています。コムトラックシステムは多種多様な機器で構成されており、それを一手に運用しているため、進路制御系システムのみならず幅広い知識が必要です。運用業務を経験していく中で、幅広い知見を得ていると感じています。

1日のスケジュール

  • 7:00

    起床

  • 8:40

    事務所出社

  • 9:00

    朝会

  • 9:10

    メールチェック

  • 9:20

    コムトラック運用室へ移動

  • 9:30

    運用業務引継・開始

  • 12:00

    昼食(他運用者と交代で昼食)

  • 13:00

    運用業務継続

  • 17:15

    運用業務引継後、事務所へ移動

  • 17:30

    退社

  • 18:30

    帰宅

  • 19:00

    夕食

  • 19:30

    動画鑑賞やお風呂などでリラックス

  • 24:00

    就寝