ホームFAQ

よくあるご質問FAQ

仕事について

  • 当社はJR東海グループ唯一の情報技術者集団として、JR東海及びグループ会社を情報システム面から支え続けることを第一の使命としています。
    現行でも200以上のシステムを担当しており、JR東海及びグループ会社の事業展開に伴い増加する見込みです。当面はJR東海とグループ会社に専念して業務を展開してまいります。

  • 当社は、2027年開業予定の中央新幹線に係るシステム(運行管理、設備管理等)の開発を担うことになります。
    東海道・山陽新幹線のシステムで培った様々な知見を土台に、新しい時代にふさわしいシステムを構築していくことになります。

  • システムの上流工程を担当することについては同じです。ただし担当するシステムが違います。
    東京地区は、東海道・山陽新幹線の運転管理、設備管理、チケットレスサービスに関わるシステムを担当しています。
    名古屋地区は、主に東海地区の在来線の運行管理、TOICA、JR東海の人事、会計、資材等事務関係、またグループ会社に関わる幅広いシステムを担当しています。

  • 部署やチームによって、雰囲気は異なりますが、公共性の高いシステムを扱っているため、「責任感」や「使命感」を共通の価値観に持つ人が多いと思います。職場の雰囲気は概してアットホームですが、一方で仕事に対する厳しさが求められるため、”アットホームで風通しも良く、かつ仕事には厳格”という特徴があると思います。

勤務・福利厚生について

  • ご本人の希望(特に勤務地)を重視しつつ、最終的に本人の適性、各箇所の要員事情等考慮し会社が決定します。

  • どのシステムも専門性が高く、定期的に異動するという人事運用にはしておりません。
    基本的には一定の範囲のシステムを担当いただくことになるかと思いますが、同じシステムでも開発、改修、保全、運用と業務の範囲も広く、様々な経験ができると思います。
    なお、上司との面談や申告表の提出を通して、自分の希望を会社に伝える機会を年に複数回用意しています。

  • 転居を伴う異動は基本的にはありません。

  • 産前・産後の休暇はもちろん、育児休職はお子さんが3歳になるまで取得できます。
    また、復職後はお子さんが小学校4年生の始期に達するまで、育児短時間勤務が利用できます。
    2019年7月からはフレックスタイム制を導入し、始業及び終業時刻は各自で柔軟に決めることができるようになりました。
    今後はテレワーク等制度面での改良を行い、一層働きやすい環境を作っていきます。

  • 主なものに、宿泊・レジャー、ショッピング施設等が低料金で利用できる提携施設法人割引制度、JR東海の株式を有利に積み立てることができるJR東海グループ会社従業員持株会、マラソンやゴルフ等のレクリエーションを通じて社員同士の親睦を深めるレクリエーションクラブなどがあり、多くの社員が利用しています。

  • 社宅はありませんが、賃貸住宅、持家住宅に対する住宅補給金制度があります。

  • 開発、改修、保全業務の場合は、平日の出勤が基本ですが、システムの切替、切替前のテスト等で土日、祝日、夜間に出勤する場合があります。
    当直監視業務の場合は、システムは24時間365日運用しているため、曜日問わず、また日勤夜勤の交代制勤務となります。
    年間休日は全社的に121日ですので、土休日に勤務がはいると平日が休みとなります。

教育・育成について

  • 入社後3ヶ月間の新入社員研修で、会社知識、ビジネス基礎、ICTスキル(コンピュータシステム、データベース、ネットワーク、情報セキュリティ他)、疑似プロジェクト体験などを学んでいただきます。
    配属後は、2年間のOJT制度で先輩社員がマンツーマンで指導します。
    その他、必要な知識習得のための技術研修、階層別研修、JR東海社内通信研修、資格取得奨励制度等を用意しています。
    また、情報セキュリティ大学院大学での1年間の学習や、海外研修等の企画もあります。

  • 資格取得支援金・報奨金制度があり、情報処理に関わる国家資格やベンダー資格、その他業務に関わる国家資格等を取得した際は、受験料及び報奨金が支給されます。

採用について

  • 採用職種はSEのみです。

  • 特にありません。情報系以外の理系出身者や文系出身者も多く活躍しています。
    入社後の教育やフォロー体制を整えておりますので、専攻に関わらず、本人の意欲次第で活躍いただけます。
    ただし、文系、理系に限らず、ご自身で自己啓発を続ける必要があります。

  • 資格の有無で結果が左右されることはありません。
    ただし、「ITパスポート」や「基本情報技術者」等の勉強をしておくと入社後の研修や業務において有益になると思います。

  • 現在は行っておりません。