TOICA-ID管理システム

ICカード出改札システム「TOICA」は、切符を購入せずに、カード内にあらかじめチャージ(入金)し、自動改札機にタッチするだけで乗車した区間の運賃を引き去るシステムです。

JTISでは、この「TOICA」システムの開発・保守業務を担当し、自動改札機及びチャージ機(入金機)等の機器から発生するICカードごとのチャージ残高、乗車区間などの利用履歴、また、お客様のカード紛失等によりカードの利用停止を行うためのデータを作成して、全ての自動改札機に対して配信及び管理を行っています。

今や「TOICA」は、鉄道のご利用だけにとどまらず、多くの物販システムでも決済ができるようになりました。こうした電子マネーを扱う技術の一端も、JTISが担っています。

また、「TOICA」は、「Suica」や「ICOCA」だけでなく「manaca」など、全国の主な交通系ICカードと相互利用しています。その他、「EX-ICサービス」と連携しシームレスに新幹線と在来線を乗り継いでいただける「IC乗換サービス」などにより、新幹線をご利用いただくお客様の利便性の向上にも貢献しています。