収入清算管理システム

JTISの手掛ける情報システムは、切符の予約・発売、列車の運行管理だけにとどまりません。鉄道をご利用されるお客様が切符を購入されたあとは、駅の自動券売機や窓口、エクスプレス予約、車内、IC自動改札機や各種旅行会社など様々な箇所から販売された情報を多様なデータとして加工・集計しなければなりません。この一連の作業は収入清算管理システムで実施されており、この情報システムもJTISが開発・保守を行っています。

収入データ管理システムは、JR各社、私鉄各社、旅行会社などから発売されたJR乗車券類をJR各社別に配分した清算データと、JR東海管内で発売した売上情報等をもとに、定期収入や定期外収入などの勘定科目ごとに整理を行い、JR東海の運輸収入を確定するシステムです。

当システムで扱う情報の基礎となるのは1枚の切符です。その切符は現在、駅の自動券売機・窓口、エクスプレス予約、TOICA等々、あらゆる場所・方法で購入することが可能になりました。

また、駅収入管理システムは、駅や車内で発売される乗車券等に関する収入の集計作業及び、乗車券類の在庫管理作業、情報分析作業を自動化したシステムです。

主な役割として、

などが挙げられます。

このシステムは、旅行会社や駅の自動券売機・窓口、エクスプレス予約、車内、IC自動改札機など様々な箇所からの販売情報を、駅等に設置された集計機などの端末からホストコンピュータに収集して妥当性のチェックを行い、収入の確定、清算・統計、連絡会社線清算等の処理を行うシステムに接続するデータの作成を行っています。

また、売上高、発売実績情報を詳細にデータベース化することにより、取扱額及び乗車券類の発売情報をタイムリーにお客様へ提供することを可能とし、統計など様々な角度から分析を行うことのできる情報検索機能を備えています。